読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレグロ・コン・フォーコ

情熱的で速いテキストサイト風ゆるゆるブログ

 

フランク三浦の非防水性はいかほどか?

調査・検証・実験

f:id:yang_hua:20160625171652j:plain

 

完全非防水を謳っているおかしな時計がある。

某高級時計メーカーとの商標争いで一躍有名になったこの時計。

 

そう、浪速の天才時計師フランク三浦の作品だ。

 

この非防水とは一体どれほどのものなのだろう。

数ヶ月使用しているが、はめたまま手を洗ったりしても壊れることはなかった。

 

意識して濡らしたとき、フランク三浦はどれほど水に触れさせると壊れるのか。

 

検証してみた。

 

 

広告

 

 フランク三浦との出会い

f:id:yang_hua:20160625171146j:plain

 

半年前、関西ローカル番組「雨上がりのやまとナゼ?しこ」でフランク三浦の特集を見た。あの宮迫博之も所持しているとのことだった。

 

もともと「フランク・ミュラー」すら知らなかったが、フランク三浦のデザインとコンセプトに惚れ込んだ。すぐにamazonで零号機を注文した。

 

イメージ通りのものが届いた。ベルトが少しちゃっちかったけど、気に入っている。

 

カシオのデータバンクと比較

f:id:yang_hua:20160625171613j:plain

 

カシオのCA-53W(防水)とフランク三浦をそれぞれ腕にはめて様々なシチュエーションを想定して濡らしていく。

壊れてしまうと残念だが、気になってしまったものは仕方ない。

 

カシオの防水性は折り紙つきである。

一緒にお風呂に入ろうが洗濯しようが壊れない。

フランク三浦は、どこまで食らいついていけるのか。

 

f:id:yang_hua:20160625150621j:plain

 

装着して、さあ、外へ!(クマがすごい)

 

神社の手水

f:id:yang_hua:20160521163728j:plain

 

通常、神社へ参拝に訪れた際は手水をすると思う。

いちいち時計を外すか?外さないだろう?

 

であれば、調査する必要が…? 

「あ、あります」

そうだ、その通り。いい子だ。

 

f:id:yang_hua:20160625142413j:plain

 

作法通り左手から…

 

f:id:yang_hua:20160625142428j:plain

 

手が滑って

 

f:id:yang_hua:20160625203704p:plain

 

ああ、時計が濡れてしまった!

 

 

f:id:yang_hua:20160625142158j:plain

 

ジャーン!

さすがCASIO、これくらいではビクともしない。

 

一方フランク三浦は…?

 

f:id:yang_hua:20160625142257j:plain

 

ジャジャーン!!

無事だった。

 

→フランク三浦の防水性報告

手水では壊れない

 

f:id:yang_hua:20160625142516j:plain

 

無礼を詫びる

 

雨に打たれる

f:id:yang_hua:20160625155144j:plain

 

次は雨に打たれてみる。梅雨時に雨が降るたび時計を外してたらキリがないだろう。

小雨ではあるが、これに耐えられれば日常生活で困ることはない。

庭に椅子を置いて検証する。

 

f:id:yang_hua:20160625152133j:plain

f:id:yang_hua:20160625151858j:plain

 

10分間雨に打たれて分かったこと

 

反省を強いられている気分になる

軒下の蜂の巣が見つかる

 

f:id:yang_hua:20160625214046j:plain

 

 巣は破壊した

 

f:id:yang_hua:20160625214531j:plain

 

 時計は双方無事。

 

フランク三浦の防水性報告②

→小雨に打たれても壊れない

 

広告

 

田んぼ作業

f:id:yang_hua:20160625155254j:plain

 

次は田んぼ作業を想定する。

長い人生、時計をはめたまま田んぼに腕を突っ込んでしまうこともあるだろう。

きっと、よくあることだ。僕はまだないけれど。

 

f:id:yang_hua:20160625155345j:plain

 

ずぶぶっ、ぽこぽこ。

田んぼの土は温かい。腕はすぐに引き抜いた。

田植えの手伝いは何もしなかったクセに、いっちょまえに腕だけ突っ込む。

とんだ祖父母不孝者だ。

 

f:id:yang_hua:20160625222655j:plain

 

当然泥だらけである。

そもそも「防水」で防ぎきれる範疇を超えているように思うが、フランク三浦の安否やいかに。

泥を洗い流してみる。

 

f:id:yang_hua:20160625222816j:plain

 

なんと、無事!

 

フランク三浦の防水性報告③

→田んぼに突っ込んで泥を洗い流しても壊れない

 

水の中に沈める

ここまでで、想定以上の防水性を発揮したフランク三浦。

非防水に偽り有り」とも言える。

 

次は最後の関門。

フランク三浦は5分間水に沈めても壊れないのか?

 

f:id:yang_hua:20160625165130j:plain

 

ソナチネ」の「村川さん止めてくださいよぉっ!」

カイジ和也編」の「愛よりも剣」

みたいな、趣味の悪い遊びだなと写真を撮りながら思った。

 

 

f:id:yang_hua:20160625165924j:plain

 

五分後。

CASIOは勿論、フランク三浦もその針を止めなかった

すごい。ちょっとやそっとじゃ壊れない。

しかし、無傷ではない。写真をよく見てほしい。

ヒビのようにも見えるが、文字盤7・6・5あたりに水が入り込んで溜まっている

ここまでやってようやく非防水性が発揮された。

果たして致命傷なのか…?

 

f:id:yang_hua:20160625170114j:plain

 

ドライヤーで乾かすこと数分

 

f:id:yang_hua:20160625170919j:plain

 

完全復活を遂げた。

 

フランク三浦の防水性報告④

→水に沈めても壊れないし、水が入ってもドライヤーで蒸発させられる。

 

おわりに

これを書いている現在もフランク三浦は問題なく動いている。

なんだ、結構やるじゃないか。

防水性がネックとなって購入を悩んでいる方は参考にしてほしい。

フランク三浦は意外と壊れない。

いいから、買え!(フランク三浦のキメ台詞)

 

真似をして時計を壊しても一切責任を負いません。よろしくおねがいします。

 

広告

 

 

過去記事

動物にエサを撒いて自分で食べる ※真似しないでください 

『マザーグースのうた』をGoogle翻訳で楽しむ 

遊ばずにはいられない

「孫ターン」という選択 メリットとデメリットを考える

歯医者の麻酔が気持ちいい