読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレグロ・コン・フォーコ

情熱的で速いテキストサイト風ゆるゆるブログ

 

親友の日記より 六

 

どうせ認知が歪んでいるなら、良い方に振り切ってもいいのではないか。

 

暗い狂人になれるのなら、明るい狂人にもなれるはずだ。

 

目指せ赤毛のアン。読んだことないけど。 

 

ミンチン女史、ロッテンマイヤー、サリバン….どれも違うな。

 

あれ?

嫌な教師が出てくる話じゃなかったっけ?

 

続きを読む

親友の日記より 五

 

何もできないままこんな年齢になってしまった。

 

社会全体で見れば絶望するほどでもないスペックなんだろう、なんだろう、が、本人がそう思っているのだから仕方ない。

 

「俺がとってもいいこと教えてやろう。

お前は今、病気だ。お前には腐るほど道があるのに、勝手に自分を追い込んでる。」

 

住田は中学生だし、そもそも『ヒミズ』は漫画だ。いいなあ。

 

続きを読む

親友の日記より 四

 

どうしてもだめな時は町のおもちゃ屋さんに行く。

 

デュエルマスターズのプレイヤーを見つけ、時間があるか確認してから、8パック購入!

トッキュー8方式、剥いたままの40枚で戦うのが楽しいのです。

 

 当方、現役プレイヤーではないものの、たまにカーキン動画を見たりwikiで環境を追ったりしています。

一番購入したパックは10弾で、一番好きなカードは執拗なる鎧亜の牢獄です。

 

さてさてさてさて、お相手は小学三年生。しかし手加減はしません。めちゃくちゃなデッキなので。

 

「レジェンドレア詰め込みました!!!」

 

とても子どもらしいデッキ。ドギラゴン剣が普通にうらやましい。

カードが好きだということが伝わってきてなんだか嬉しくなる。

 

デュエルマスターズにはじめて触れたのは小学三年生のときだった。

友達から譲り受けた寄せ集めカードで戦うのが楽しかった。

ソード・バタフライとかボルカノドンとか。

今の子供が見たら卒倒しそうなくらいヘボいカードだけど、あの頃の自分には輝いて見えた。

 

赤緑速攻、ダイヤモンド・カッター、ボルバルザーク、ウェーブストライカー、赤黒除去コン…いろいろ作ったなあ。

 

手持ちのデュ円をすべて彼に捧げてサヨナラしました。

 

続きを読む

親友の日記より 二

 

ジョジョ四部の「重ちー」は「しげちー」と読むのですね。

はじめは「おもちー」だと思っていました。

 

字面とキャラクターのビジュアルだけで決めつけていたのです。

見た目で人を判断してはならないということですね。

 

「重ちー」はファットでもスリムでも「しげちー」です。

 

トイストーリーの「ウッディ」を「うつでい」と呼んでいた子供のことを思い出しました。

 

江戸っ子ふうの宣言「鬱でい!」

 

ナルトの「デイダラ」を「でぃだら」、「チヨバア」を「ちょばあ」と呼んでいるのも耳にしたことがあります。

 

カタカナの言葉は間抜けでおもしろいですね。

 ----- 

一月三日

 

戦争というトランプゲームをご存知でしょうか。

 

均等に配られたカードをランダムかつ同時に場に出し、一番数値が高かったプレイヤーが場のカードを総取りする…。

 

ゲーム性を奪われた「大富豪」と言えましょうか。

 

先日ですね、戦争のルールを確認しようと思い「トランプ 戦争」で検索したところですよ。

 

大統領のほうのトランプが戦争を起こす起こさないといった内容のサイトが多数ヒット致しまして、世知辛い世の中だなと思った次第であります。

 

 -----

初詣に行ってきた。

 

巫女さんが私に「おめでとうございます」と言う。

「こんにちは」ではなくて「おめでとう」なのだ。

 

一方的に祝福してくるスパムのようだと思った。

 

おめでとうございます!

あなたは1000万ドルを受け取る権利があります!!

 

広告

 

親友の日記より 一

 

自分の存在を無かったことにできるボタンがあれば?

わたしなら迷わず押す。実際のところ、みんな押すんじゃないかな。

 

すべて上手くいかなかった。

学業、スポーツ、趣味、仕事、コミュニケーション。

正しく呼吸が出来ているのかさえも怪しい。

これまで何一つ上達しないし、何一つ長続きしなかった。

 

この魂は人間が向いていないのだと思う。かと言って鳥でも花でもダメだろう。

土…土像、土像ならいいかもしれない。石像でもいい。

 

でも、うっかり価値のある像になってしまったら、忙しいだろうなあ。

競売にかけられたり盗難被害に遭ったりするんだ。

そう考えると無機物も楽じゃない。

 

認識することも認識されることもないものになりたい。

 

続きを読む